テンプレート移行中のため表示崩れがあります

宅配クリーニングの単品・パック料金・詰め放題はどれがお得?違いやメリット・デメリットまとめ

3 min
宅配クリーニングの単品・パック料金・詰め放題はどれがお得?違いやメリット・デメリットまとめ

単品・パック料金・詰め放題って、結局どれが一番お得なの?

クリーニングに出したい衣類によって変わってくるよ

クリーニングをお得に利用するなら、出したい衣類によって料金体系を変えましょう。

  • 単価の安い衣類(シャツなど)を出すなら 単品
  • 単価の高い衣類(アウターなど)を出すなら パック料金
  • かさばりにくい衣類をたくさん出すなら 詰め放題

といった感じです。

ただ、「詰め放題」に関してはクリーニング業者によって決まりがバラバラなので、依頼する場合はしっかり確認することが大切ですね。

このページでは、単品・パック料金・詰め放題の仕組みや違い、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

宅配クリーニング「単品・パック料金・詰め放題」の仕組み・違い

宅配クリーニングには、下記の3種類の料金体系があります。

  • 単品 … 衣類の種類によって価格が決まっている
  • パック料金 … 決まった点数の衣類をまとめてクリーニングに出す
  • 詰め放題 …専用バッグに入るだけ衣類を詰めてクリーニングに出す

クリーニングに出す衣類の種類によっては、単品で出す方が安かったり、反対にパック料金や詰め放題の方が安くなるケースもあります。

まずはそれぞれの仕組み・違いについてご紹介します。

単品クリーニング

「単品」とは、衣類の種類によって価格が決められているものです。

例えば、クリーニング店で下記のような料金表を見たことがありますよね。

  • シャツ 〇〇円
  • パンツ 〇〇円
  • スカート 〇〇円
  • コート 〇〇円

「単品」は、衣類の種類ごとにそれぞれ料金が設定されています。

持ち込みのクリーニング店の場合は、この料金体系を導入しているところがほとんどでしょう。

宅配クリーニングでも、この単品料金が採用されているところがあります。

お店によって若干差はありますが、ワイシャツやパンツ、スカート、カーディガンなど単価の安い衣類は単品でクリーニングに出した方が安く済みます

単品クリーニングのメリット・デメリット

単品のメリット

  • シャツやスカート、パンツなど単価の安い衣類は、単品でクリーニングに出すと安くすむ

単品のデメリット

  • コートやダウンジャケットなど単価の高い衣類を単品クリーニングに出すと、パックや詰め放題に比べて割高になる
  • クリーニングに出す枚数が少ないと、別途送料がかかる場合もある

パック料金制のクリーニング

パック料金とは、5点、10点、20点など決まった点数の衣類をまとめてクリーニングに出すものです。

例えば5点パックの場合、5点の衣類をクリーニングに出すことができますが、どのような衣類を組み合わても料金は同じです。

ですので、単価の高いコートなどをパック料金でクリーニングに出すと安く済みます

パック料金では、点数が多いほど1枚あたりの料金が安くなることが多いです。

例えば、宅配クリーニング「リナビス 」だと下記のようなパック料金になっています。

  料金(税抜) 1点あたりの料金(税抜)
5点コース 7,800円 1,560円
10点コース 10,800円 1,080円
20点コース 18,800円 940円

 

パック料金クリーニングのメリット・デメリット

パック料金のメリット

  • 単価の高いものをまとめてクリーニングに出せば割安

パック料金のデメリット

  • 単価の安い衣類ばかりを選ぶと割高になる
  • 「〇点コース」と決まっていても、集荷袋に入りきらない場合は受け付けてもらえない可能性が高い

パック料金で宅配クリーニングを利用する場合、単価の高いアウターをまとめ出すと割安になるのが魅力です。

季節の変わり目に、家族全員のアウターをクリーニングに出したいなぁ…

という時にぴったり。

アウター類は重さがあるため、まとめて出すなら店舗クリーニングよりは宅配クリーニングの方が楽ですね。

注意点として、あまりにもかさばるもの(ダウンジャケットなど)は集荷専用バッグに入りきらない可能性もあるので気をつけましょう。

クリーニング各社では、「点数内でも集荷専用バッグに入るもののみの対応」という決まりがあるところもあります。

申し込む前に集荷専用バッグの大きさや、注意事項などをよく確認しておくようにしましょう。

詰め放題のクリーニング

詰め放題は、「指定された袋に詰め込むだけ詰め込んで、一定料金を支払う」というものです。

「詰め放題」という響きにはすごくお得感がありますが、専用バッグの大きさがどのくらいかによって「本当にお得なのか、そうでないのか」変わってきます

また、「詰め放題」と記載されていても、「〇点以内なら」とあらかじめ点数が決まっているような場合もあります。

詰め放題を利用する際は、

  • 専用バッグの大きさ
  • 上限の有無
  • 除外品が設定されているか

などをしっかり確認しておくようにしましょう。

詰め放題のメリット・デメリット

詰め放題のメリット

  • かさばらない衣料を大量に出すなら、お得(上限枚数がない場合)

詰め放題のデメリット

  • 「詰め放題」なのに、「10着」や「20着」など上限が決まっている場合がある
  • 集荷専用バッグが小さく、思ったほど入らないことがある

詰め放題という料金設定の場合、まずは上限があるかないかを確認してみてください。

もしも「10着」や「20着」など上限があれば、実質「パック料金」ということになります。

上限が設定されていない場合でも、集荷専用バッグの大きさが何リットルあるのかを確認しておきましょう。

同じ大きさのバッグが家にあるようであれば、実際にどのくらい詰められるのか試してみることも大切です。

申し込みをしてから、

バッグに、出そうと思っていた衣類がすべて入らなかった…

なんてことになっては手遅れです。

一旦キャンセルして、再度、違うコースで申し込みをして…と、二度手間になってしまいます。

また、クリーニング業者によってはクリーニング対象外となる素材が指定されているところもあります。

「詰め放題」という言葉が使われていても、実際本当に何でも詰め放題なのか規約を読んで確認するようにしましょう。

例えば、革やシルクなど高級素材が対象外になっていることもあるよ

まとめ

紹介したように、宅配クリーニングには「単品・パック料金・詰め放題」の3つの種類の料金があります。

どんな衣類を、どのくらいクリーニングに出したいかによって、お得な料金プランは異なるので、一概に「このプランが安い!」とは言えません。

自分がクリーニングに出したい衣類によって、その都度、料金プランを使い分けるのが一番です。

ぜひ上手く使い分けて、クリーニング代を節約しましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA